シミやニキビが消える!?カスターオイル(ひまし油)の効能・使い方とは?

美容女性

自宅で簡単にシミを消せる!?髪にツヤが出る!?生理痛が和らぐ!?

そんな多種多様な効果をもつ「カスターオイル」についてご紹介します!

カスターオイルって何?どんなもの?

カスターオイル(キャスターオイル)とは、別名ひまし油ともいい、トウゴマという植物の種子を圧搾して作った食物性油のことをいいます。

大部分を占めている成分は、脂肪酸の一種であるリシノール酸です。炎症を抑制したり、痛みを鎮めたりするパワーがあると考えられています。そのほか、リノール酸、オレイン酸、ステアリン酸、ヒドロキシステアリン酸といった複数の種類の脂肪酸が含まれているのが特徴です。

オイル自体は蜂蜜のようなトロッとした質感をしていて、保湿力に優れています。匂いにクセがあるため、食用には向かず、塗布することで美容オイルとして使われます。洋服などにつくと洗っても落ちにくいため注意が必要です。

カスターオイルの効能・効果は?

頬に手を当てる女性

カスターオイルには以下のような効能・効果があるといわれています。

  • 傷跡やシミを薄くする
  • 保湿力が高く、肌の保湿に優れている
  • 角質を落とす
  • 髪の乾燥やダメージを防ぎ、艶を与える
  • まつげの育毛効果
  • 目薬として使用することで目の乾燥を予防
  • 爪割れや二枚爪を予防
  • 便秘解消
  • 鎮痛効果があり、お腹に塗布することで生理痛を緩和する
  • デトックス効果
  • 脂肪燃焼効果
  • 新陳代謝を高め、肌の生まれ変わりを助ける

こんなに効果があるとは驚きですね!

用途別カスターオイルの使い方

髪がきれいな女性

多種多様に使われるカスターオイル!その使い方について、用途別にご紹介します。

お顔の肌ケアに使用する

笑顔の女性

傷跡を目立たなくしたり、抗炎症作用、アンチエイジング(細胞の生まれ変わりを促進する)作用をもつカスターオイルは、ニキビ跡を目立たなくしたり、シミを薄くするのに効果的!汚れを落とす力や保湿力も高いため、毛穴よごれをスッキリ落とし、肌をしっとり美肌に整えてくれます。

実際に使ってみたところ、気になっていたシミが薄くなったとの口コミも多数!

【使い方】

カスターオイルと美容オイルを1:2の割合で手のひらに出して混ぜる。手のひらでオイルをしっかりと温めて肌になじませてください。

【カスターオイル+重曹でシミ落とし効果が劇的UP!】

重曹

カスターオイルに重曹を混ぜる方法がシミにかなり効くと話題になっています!方法はとっても簡単。カスターオイルと重曹を1:2の割合で混ぜ、気になるシミの部分に塗って寝るだけ♪ほくろやイボにも効果があるそうですよ。数日で効果が出てくるので、是非試してみてくさい!

髪のパックとして使用する

髪がきれいな女性

洗浄力、保湿力に優れたカスターオイルはヘア&頭皮ケアにも使えます。カラーリングやブリーチ、パーマが原因のダメージヘア、乾燥でパサパサしている髪のケアに効果的です。

【使い方】

髪に塗って10~30分ほどなじませてシャワーで流すと髪にツヤを出してくれます。時間がない時はコンディショナーに少量のカスターオイルを混ぜて使うだけでもOK!また、地肌にカスターオイルを塗ってマッサージをすることで血行がよくなり、コシのある健康的な髪づくりをしていくことができます。

湿布として使用する

腹痛の女性

消炎、鎮痛作用のあるカスターオイルは湿布としてもその効果を発揮します。ねんざや生理痛による痛みを和らげたり、怪我のあざを薄くしたりすることができます。お腹に当てることでお通じをよくする効果も期待できるといわれています。また、湿布により新陳代謝がよくなり、血流やリンパの流れも改善して、免疫力アップの効果も望めるとされています。

【使い方】

ガーゼなどの柔らかい布にカスターオイルをなじませて肌の上に置き、その上からラップを巻いて保護します。上から蒸しタオルをのせて温めるとさらに効果UP!

カスターオイルはどこに売ってる?購入方法は?

カスターオイルは、アロマグッズを専門に扱っている店舗で購入をすることができます。

また、通販でも購入をすることが出来ますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です